導入において解消すべき課題

店舗アプリについて学ぼう

導入において解消すべき課題

導入において解消すべき課題 スマートフォンが普及してきていることを受けて、店舗が自社の店舗アプリを導入することが増えています。以前はパソコンから買い物をするというネットショッピングという形が多かったわけですが、今日では多くの企業がお客様にスマートフォンにアプリをダウンロードしてもらい、買い物をするとポイントがたまったり、クーポンを配信したり、広告をするといったことが行われています。
まず、最も大きなメリットは、新聞の折り込みなどと違い、配信するコストがかからないということです。
とは言っても、漫然と店舗アプリをダウンロードしてもらえば良いというわけではありません。
企業側は、はっきりした問題意識をもたなくてはなりません。あくまでも目的はお客様をリピータにすることです。これにはお客様のニーズを的確に調査して把握する必要があります。
例えば、多種類の商品をアプリで宣伝したり、ポイントを付与するのでは、決して来店者が増えるわけではありません。よく来店してくれるお客様を固定化するには、一定の人気商品にアプリを特化することが最も有効です。
この点を考え違えると、ただ単に商品を宣伝するだけなら、アプリである必要がありません。

店舗アプリを依頼する前にしておくべき準備

店舗アプリを依頼する前にしておくべき準備 店舗アプリをアプリ開発業者に依頼する場合は、すべて丸投げというわけにはいかず自社で検討、準備する必要があります。
まず最初に準備することはアプリに企画を検討することです。
たとえばアプリに商品や会社の特徴を載せるだけではウェブサイトで十分なので、どのようなサービスができるかを話し合います。そしてアプリを会員証代わりとしてクーポンやポイントの付与、購入履歴やお得な情報の送信などアプリの機能を決定し、アプリの企画で5年、10年先の状態も考え、どのくらいのユーザーが見込めるか、活用することで売り上げにどのくらい貢献するかなども検討します。開発会社に伝えます。
検討した店舗アプリに似たようなものがないかを調査することも大切です。同じようなものがあれば2つを一緒に利用している場合にはどちらか一方を使わなくなることもあるので、どうすれば似たアプリよりも使い勝手を良くなるかなどを検討します。
特異性があり使いやすいことが店舗アプリに条件です。

Copyright (C) 2019 店舗アプリについて学ぼう. All Rights Reserved.